美容と健康

「ヒアルロン酸」の効能について

エイジングケア専門フェイシャルエステサロン・ビエル掛川店の仲田です。

このブログをご覧いただきましてありがとうございます。

「ヒアルロン酸」という成分名を聞いたことがある方は多いと思います。様々なお化粧品に「ヒアルロン酸配合!」と書かれてありますよね。

そのヒアルロン酸が何なのかをご存じの方は意外と少ないようです。

ヒアルロン酸とは、化学的には「ムコ多糖」の一種なのだそうですが、何のことなのか私にはさっぱりわかりません。笑

もともと皮膚や関節など、お身体の中にあるものです。保湿性のある粘性のもので、水分保持に優れています。

皮膚の場合は、ヒアルロン酸で潤沢に満たされている場合はお肌がみずみずしくパンッと張った状態になるでしょう。水風船にたくさん水を入れたようなイメージです。(お顔のハリにはヒアルロン酸以外の組織も関係するので、実際はヒアルロン酸だけが潤沢でもちょっと足りないかと思われます。)

このヒアルロン酸は体内で作られますが、年齢とともに生成量が減少していきます。20歳で100%だとすると、30歳70%、50歳で40%、60歳で25%まで減少すると言われています。そしてシワやたるみが出てきます。

今日のブログのタイトルにある「ヒアルロン酸の効能」という日本語は少しおかしいのかもしれませんね。もともと身体にあるものだから「効能」ではなく「役割」が正しいのかもしれません。

ヒアルロン酸は経口摂取(食事やサプリ)でも取り入れることができますが体内で分解されてしまうため、効果を感じるまでに時間がかかるそうです。

化粧品で補う場合は、化粧品に配合されているヒアルロン酸の分子の大きさがお肌への浸透率の決め手となります。手軽に購入できて毎日使えるのがメリットですが、「一般的に売られているお化粧品のヒアルロン酸の分子の大きさ」を見ながら買うことはできません。

美容整形の注射は即効性がありますが、ヒアルロン酸はもともとお肌にあるものなのでやがて吸収されてしまいます。その前に繰り返し注射してメンテナンスをすることが大事なのだそうです。

現段階ではどれもメリットとデメリットがありますね。

美容の世界は日進月歩。いつか様々な問題をクリアしたものが出てくるのではないかと思っています。

では、「ヒアルロン酸を注入する」のではなく、「素肌がヒアルロン酸を生成するのを助ける」のはどうでしょうか?この方法でも結果的にお肌のヒアルロン酸は増加します。

ビエルの美容液「美プレミアムエッセンス」は肌組織の生成を促進するEGFと、素肌の元になるFGFが配合されていて、効率よく素肌を育てることができます。もちろんそのお肌の中にはヒアルロン酸も生成されます。

ビエルのコスメに限らずEGFが配合されている化粧品がわりと増えましたので、参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

ただ、ビエルの美容液「美プレミアムエッセンス」は美容液の吸収もすごく良くて、その割にお値段もそんなにお高くありません。私は過去に自腹で買っており、お肌がきれいになった実績の持ち主です。正直コスパでは他社様の商品に負ける気がしません。笑

お身体のこと、お肌のこと、美容成分のこと。

気になることがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

「美プレミアムエッセンス」が気になる方は、当サロンのフェイシャルメニューにて使用致しますので、是非お試しにいらしてみてください。

ビエル掛川店
セラピスト 仲田

すべての人たちがあなたらしい笑顔でいられるように全力でサポートいたします。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

ビエル掛川店は毎日1回TwitterとInstagramにお値打ちキャンペーン情報や、美と健康にまつわる投稿をしております。是非フォローをお願い致します。

ビエル掛川店のホームページ(メニューの詳しい説明などもこちらからご覧いただけます)

※画像:無料写真素材「画像AC」https://www.photo-ac.com/